悩む作業員

メヤニを防止する離型剤はきれいに成形できます

ハンドル

プラスチックやゴムを原材料として使う製品の製造業では、現場で使う薬剤として離型剤が欠かせません。現場の生産性を左右する一つの重要な要因である離型剤は、各々の製品の特徴や効果をよく把握した上で、自社製品の形状や特性、作業現場のニーズに最もマッチするものを選ぶといいでしょう。
例えば、成型作業において、メヤニができにくく、成形物を金型から外した後の処理が楽な離型剤が欲しいなら、フッ素系離型剤を選択するのが妥当と考えられます。フッ素系離型剤の主成分はフッ素コーティング剤で、離型効果を発揮するのはフッ素樹脂の薄膜です。フッ素樹脂塗膜は、非粘着性と潤滑性という性質を表面に付与します。金型にフッ素系離型剤を塗布すると、金型もこうした性質を持つようになりメヤニもできにくくなります。複雑な形状のものやスリムなもの、小型のものなど、成型が難しいものでもごく簡単に離型作業が出来るという効果を発揮します。
また、フッ素系離型剤は、メヤニができにくいだけではなく成形物に転写しないという特徴も持っています。この特徴のメリットは、成形物に付着した離型剤を綺麗に落とすために、成形物を洗う手間が発生しないことです。現場の生産性を高めるためには、一つの製品を仕上げるのに必要な手順は少ない越したことはないため、この点を考えても、フッ素系離型剤の優秀さが良く理解できるでしょう。

メヤニを防いで綺麗に製品を成型できるフッ素系離型剤

プラスチックやゴムといった素材は、日常生活で使われる製品としても、或いは様々な産業界で使われる特殊な製品あるいは部品としても、実に多くの種類のアイテムで利用されています。製品には各々その製品特有の用途があり、その用途を確実に果たすためには、設計通りに綺麗に製品を形造れることが絶対的な条件になります。このため、成型作業においては、メヤニを防いだり、原材料の金型への粘着を防ぐ離型剤の使用が欠かせません。
離型剤は、主成分として異なる物質を使った様々な種類のものがあります。綺麗な形造りという観点からおすすめなのは、フッ素コーティングの性質を活用したフッ素系の離型剤です。フッ素系離型剤は、現場作業での悩みの種になりやすいメヤニができにくく、また、強力なすべり性や非粘着性のため、少量の適用でも優れた離型効果を発揮します。つまり、とても経済的かつ手際よく、製品を綺麗に形造ることが出来るわけです。また、メヤニが出来にくいことの他にも、現場作業を楽にしてくれるもう一つの特徴があります。それは、成形物に転移しにくく、離型剤の効果が長続きすることです。成形物に転移するタイプの離型剤を使うと、成形物の洗浄という工程が増える上に、金型への離型剤追加塗布を頻繁に行わなければならず、作業が煩雑になります。フッ素系離型剤なら、そうした煩雑さとは無縁です。

強力な効果でメヤニを防ぎ綺麗に成形できるフッ素系離型剤

普段から料理やハンドメイド作品作りなどを経験している人は、綺麗に成形するのが難しい場合についてよくご存じではないでしょうか。極薄の生地を使って破けないように調理することや、複雑な構造の立体作品を破損させずに作るのは、大抵の場合とても難しいものです。ゴムやシリコンを原材料とした製品作りにおいてもそれは同じです。ただ、ゴム製品やシリコン製品の成形が難しい場合には、いい離型剤を選択することで、メヤニができるのを防いだりと、こうした困難の大部分は解消することが可能です。
例えば、フッ素コーティング剤を成分として含むフッ素系離型剤を使うと、成型時に発生しがちなメヤニも出にくく、ごく薄く離型剤を塗布するだけで抜群に優れた離型性能を発揮します。成形物を変形させたり破損させたりすることなく、製品の完成形に非常に近い形で綺麗に金型から取り出せるので、現場の作業効率は格段にアップします。薄型、小型、そして複雑な形状の製品は、金型から取り出す際に少しでも余分な力を入れてしまうと、すぐに壊れる心配があります。フッ素系離型剤を使っていれば、軽い力で成形物を金型を分離出来るため、こうした心配をせずに済みます。また、メヤニを取り除く作業も不要のため、ここで成形物を破損するリスクも限りなく低いです。

鍋蓋に欠かせないパッキンの成型にも離型剤が大活躍

鍋蓋の部品としてすっかりおなじみのゴム製パッキンですが、パッキンの主な役割は、鍋の中をしっかり密閉状態にして、食材に熱が通りやすくすることです。この役割を果たすため、パッキンは、鍋の淵ならびに鍋蓋の形状やサイズにぴったりとフィットする形でなければなりません。ゴムという素材は、柔らかくて加工しやすく、パッキンに求められる形を作るのに最適ですが、加工の際にはドロドロの液状になることから、金型に粘…

Read...

成型作業の現場スタッフの安全確保のため引火性のない離型剤を使おう

シリコンやプラスチックが素材の製品を大量生産するには、現場作業の効率化に役立つ離型剤の選択が必要不可欠です。離型効果が抜群の上、メヤニができにくく持続性に優れたフッ素系離型剤は、現場で望まれる離型剤の筆頭に挙げられると言ってもいいでしょう。フッ素系離型剤は、他にも、現場で使うのに特に適した特徴を備えています。それは、主成分であるフッ素コーティング剤を不燃性溶剤を使って溶かし込んだ引火性のない…

Read...

成形物を綺麗なまま取り出すにはワックス系ではなくフッ素系離型剤

使われている成分が異なる離型剤には、それぞれ一長一短あるため、自社で製造を手掛けている製品の特徴や作業現場の設備仕様等を考慮の上、総合的に最も適した離型剤を選択するといいでしょう。しかし、現場作業のしやすさという観点から、各種の様々な特徴を持つ離型剤を比較検討してみると、総じてフッ素系離型剤に軍配が上がる部分が多いと言えるかもしれません。例えば、フッ素コーティングの効果を活用したフッ…

Read...

フッ素コート剤専門メーカーから離型剤を買うと色々なことが分かる

ゴム製品やプラスチック製品の製造販売に従事していて、長い間、ワックス系等の離型剤使っていたという会社も多いでしょう。しかし、最近、メヤニが生じにくい、少量でも高い離型効果がある等の評判を耳にして、フッ素系離型剤を導入してはどうかと考えているなら、是非、フッ素コーティングに詳しいフッ素コート剤専門メーカーに相談しましょう。フッ素系離型剤の機能の根幹をなしているのは、フッ素コーティング特…

Read...

Information

2019年08月19日
フッ素コート剤専門メーカーから離型剤を買うと色々なことが分かるを更新しました。
2019年08月19日
成形物を綺麗なまま取り出すにはワックス系ではなくフッ素系離型剤を更新しました。
2019年08月19日
成型作業の現場スタッフの安全確保のため引火性のない離型剤を使おうを更新しました。
2019年08月19日
鍋蓋に欠かせないパッキンの成型にも離型剤が大活躍を更新しました。
TOP